これで引越し企業の探しは失敗しない!引越し専門会社の比べを行って予算や条件に合致した引っ越し店を選択しましょう。



荷物の梱包などは引越しを行う日の何日前後前から成すと望ましいですか?


荷造りは想像以上に時間を要する作業です。引越しを成す日の30日程前から開始するのが理想的です。

どのような順序で荷物整理を実行すると最良ですか?


なかなか用いないもの、季節に合わない衣服達、利用していない皿、飽きた書籍類などから荷造り作業を進めていきましょう。
また、玄関を基準に最も離れた室内、あまり入らない室内から取り掛かりましょう。荷造りをしていくと、ダンボールも蓄積していきますので、ダンボール箱を置く空間を用意してから、荷物の整理行為を実践するようにしましょう。

荷物の整理行為で留意が必要な事は聞かせて下さい。


お金や通帳、貴重品などは、ダンボールに詰めないようにする事が必須です。油断せずご自身でずっと保存を行ってください。
また、引越しを実践する前や引越しを実行した後の掃除で必要な掃除用具や、引っ越し先で即座に外せなくなるトイレットペーパー、ゴミ袋などの類はラストに荷造り行為を実施するか、手荷物として運搬する事を肝要です。

引っ越し店舗に運搬を実践してもらえないものをご教授下さい。


貴重品(現金・預金通帳・小切手・有価証券・印鑑)や、宝飾品・高価な骨董品や美術品、危険性のあるもの(灯油等)は、殆どのケースで、運ぶ事を拒否されます。
引越し専門企業によっては、乗用車、骨董品、ピアノ、オートバイなど、個別に配送するサービスも存在しますので、値積りを実行する折に引っ越し店に初めに質問しておく事が肝要です。

荷物の梱包などでのポイントはありますか?


お皿や書籍など、重量のある品物は小型のダンボールに入れ、鞄、雑貨、洋服など軽くてかさばる品は大型のダンボール箱に入れ、ダンボール箱が重ねられるようにダンボールの閉じ蓋は絶対に閉める事が重要です。
また、ウエイトがあり過ぎる場合、持つ事が不可能になったり、ダンボールが壊れてしまう事があるので気を付ける必要があります。



荷物の整理作業で使用するダンボールに関してはどこで準備すれば最良ですか?


使用する引っ越し専門業者からサービスでもらえる事が多いようです。自分で用意する場合は、ホームセンターに出向いて安価でゲットしたり、スーパーやコンビニに出向いて0円で手に入れる事も叶います。
引越し専門会社からダンボールを辞退した場合引越し費用を安価になる可能性もあるので、契約を結ぶ折に問い質しておきましょう。

梱包の際のダンボールの容積をどのくらいですか?


引越しの時に活用する梱包で欠かせないダンボール箱は、基準サイズが決まっており、殆どの場合「中サイズ」が、横0.6m×縦四十㎝×高さ400ミリなので認知しておきましょう。

荷造りが完了したダンボール箱の外側には、どんな形の覚え書きを行ったら良いのか認識しておきたいです。


荷造りを終えたダンボール箱の表面には、「何」が入っているか、また転居した住宅の「どの場所の物か(トイレ、台所など)」の記入を行っておきましょう。引越し専門企業の職員にも伝わり易くしておかないとしましょう。
また、ダンボールは縦に積み重ねて置かれる事が普通なので、ダンボール箱の横側に書いた方が、中の物の区別がしやすくなります。

冷蔵庫の食材はどうしたらいいですか?


密封できない調味料類、醤油差しに関しては容器を残して破棄しましょう。食材に関しても最大限引越し当日の1日前までに処分を行っておきましょう。
また引っ越しを実施する約6時間前までに、冷蔵庫に入っている物を100パーセント出してコンセントを抜いておくのが大事です。冷蔵庫の内部に水滴が残存していると、他の大事な物まで湿らせてしまう危険性があるので注意しましょう。

組み立て式の家具類に関してはどうあっても分解を成さないといけませんか?


ビッグサイズの家具については分解が必須な事もあります。見積りを成す折に引っ越し業者に確認を実行しましょう。同時に、分解を自分で成すか、引越し会社に一任するのかも相談しておきましょう。
また家財道具の中には、組み立てを成すと分解が実施できなくなる類の家財道具もあるので覚えておきましょう。見積りを成す折に確認を行う事をべきだと思います。頼むのかも相談して決めておきましょう。

PCに関しては運搬を実践してもらえるのでしょうか?


できれば、自分で運び出す良いと見られています。引越し企業の中にはパソコン類運びに対応を成してくれる店もありますので、契約を行う時にチェックしましょう。
また、パソコン類のデータが消えても外部に故障が発生したとはみなされず内部に故障が起きたと見られるので保険の適応外になるケースもあるので引越しに取り掛かる前にしっかりとバックアップを完了させておきましょう。



タンスの内部はそのままで問題ないですか?


タンスの中身に関しては、家財道具の種別、内容物の分量、引っ越し先までの長さ、作業の詳細などにより、そのままで許容される場合も空にしないと駄目なケースもあるので把握しておきましょう。
また、そのまま運ぶと家財道具に対して歪みが生じる事態になる場合もありますので、詳しい内容については引っ越し店舗とご相談される事を推奨します。

日にちや曜日によって値段は差が生じますか?


また、そのまま運搬した時には家財道具に関して歪みが発生する事態に陥る場合も多々あるので、詳しい内容に関しては引っ越し専門店舗と打ち合わせておかないと駄目です。
引越し代金は、引越しが実施される日程・引っ越しが実践される時間帯・引っ越し作業の曜日などによって差異が出る場合もあるので抑えておきましょう。
引っ越し専門店舗によって値引き金額や割引の幅は差が生じるので、何社かの引越し専門会社に料金の値積りを依頼し、比較を実施する事を良いと思います。
また、作業人員が小人数で良いように荷物量をダウンさせたり、引越し日時を引っ越し業者に委ねるなどすれば引越し代金を節約できる可能性もあるので知っておきましょう。

契約時に手付金を払うのか不安です。


契約時に手付金や前受金(内金・予約金・仮契約金など)を渡させる事は、「標準引越運送約款」というルールの力によって禁止と決められているので、渡さなくて必要はありません。

引越し行為自体の取り消しを実行したいのですが、キャンセル料金は支払う事になりますか?


キャンセル料金は「標準引越運送約款」と言われるルールによって明瞭になっています。「引越しの2日より前の取り消し手続き」には大概は取り消し金は発生しません。
ただし「前日のキャンセル申込」では引越し代金の1割、「引越しを成す当日のキャンセル行為」では引越し代の10分の2が取り消し代金として納める事になります。
また、引越し日を先延ばしにする場合もキャンセル処理と一緒の扱いになるので、内容や日程に変更があった場合は急いで引っ越し専門店に報告を成すのが推奨します。

引越しを実施する当日に台風だった際は、延期を実行するとキャンセル金は渡す事になりますか?


「標準引越運送約款」という名前の規則によって、暴風雨が生じているのであれば、引越し作業を実行する当日に延期を実践してもキャンセル料金は渡さなくていいことになっています。
但し、独自に決めた特殊な約款で判断基準にしている引越し専門企業もあるので、どこから暴風雨扱いにするかなど、細かい事については予めチャックを実行しておくのが最善です。

引っ越し作業代はいつ納めれば良いのか抑えておきたいです。


引っ越し作業完了後の渡す(後払い)場合が殆どだと思います。引越し専門会社によっては、支払い手段(現金を使った支払い・クレジットカードを利用した決済)や引越しを行う当日の現地(積地)での決済なのか
引越し先で決済を行うのか契約を行う前にチェックを実施できる企業も存在しますので、見積りの時に確認を入れておく事をお勧めします。

引越し金はクレジットカードを有していれば支払い可能ですか?


大手の引越し専門会社はクレジットカードを使用した決済が実施できる場合が大半ですが、小中規模の引っ越し専門店では実施できなくても店舗もあるので、見積りと一緒に問うておくと良いと思います。