これで引っ越し店舗の選り分けで万全!引っ越し専門店比較を実施して希望や予算に満たす引越し企業を選定しましょう。



荷物まとめは引越し当日の約何日前からスタートするのが好ましいですか?


荷造り作業は想像よりも時間を要します。引越し日の30日前から実行するのが良いと思います。

どんな感じの順番で荷造り行為を行うと最善ですか?


使用頻度が低いもの、季節に沿わない服、活かしていない皿、読み飽きた書籍や漫画などから荷造り行為を行っていきましょう。
また、玄関から見て一番遠い室内、あまり用いない室内から実践していきましょう。荷造りを行っていくと、ダンボール箱も増加していきますので、ダンボールを置く空間を準備してから、荷物まとめを実行するようにしましょう。

荷物のまとめ作業で気を配るべき事を知りたいです。


預金通帳や現金、貴重品類などは、ダンボールの内部には詰めないようにするのが大事です。忘れず自分の手でずっと保存を行ってください。
また、引越しに取り組む前や引越しを成した後の掃除で使う掃除道具や、新居で即座にいるトイレットペーパー、ゴミを入れる袋などは最後に荷造りを実践するか、手荷物として運搬を実践する事が欠かせません。

引越し企業に運搬を拒否されるものをご教授下さい。


貴重品(金銭・通帳・有価証券・小切手・ハンコ)や、高額な骨董品・宝飾品や危険物(灯油等)、美術品は基本、運搬を拒否されます。
引っ越し専門店舗によっては、愛車、骨董品、ピアノ、オートバイなど、別に送るサービスも用意されていますので、値積りの折に引っ越し店舗に忘却せずに質問しておくようにしましょう。

荷造りの際のポイントを教えて下さい。


お皿や書籍など、重たい品は小さ目のダンボールに入れ、洋服、雑貨、バッグなど軽くてかさばるものは大き目のダンボールに入れ、ダンボール箱を縦に積めるようにダンボールの閉じ蓋は丁寧に閉めないとリスクが大きいです。
また、過剰に重くしてしまうと、持つ事が叶わくなったり、ダンボール箱自体が破損してしまうかもしれないので留意が欠かせません。



荷物まとめでのダンボールに関してはどこで手に入れれば最適ですか?


相手の引越し企業から0円でくれる事が可能性高いです。自ら用意するのであれば、ホームセンターを訪れて安く準備したり、近場のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでお金を全くかけずに取得する事も可能です。
引越し会社からのダンボールを貰わない事で引越し代を値引いてくれる可能性もあるので、契約を行う折に確認を実行しましょう。

梱包時のダンボールの大きさは把握したいです。


引越しの折に利用する梱包で必須になるダンボール箱は、基準サイズが決まっており、原則、「中サイズ」が、横六十センチ×縦400mm×高さ400mm程度です。

荷造りを実行したダンボール箱には、どんな感じの表記を成したら良いのか知りたいです。


荷造りを成したダンボール箱には、梱包されているものの「名称」、また転居先の「どの部屋に必要か(台所、洗面所など)」を記しておきましょう。引越し専門企業の職員にも判別が叶うようにしておくように重要です。
また、ダンボール箱は縦に積み重ねて置かれる場合が殆どなので、ダンボールの横っ面に表記を実施した方が、入っている品のチェックが楽になります。

冷蔵庫の中の物はどうしたらいいのかご教授下さい。


密封が無理な醤油差しや調味料の類は中身を捨てましょう。食品も実行できる範囲で1日前までに処分を実行しておきましょう。
また引っ越しを実施する360分前までに、冷蔵庫の中身を全部空にしてコンセント自体を抜いておきます。冷蔵庫の中側に水気が残っていると、他の物まで湿らせてしまう可能性があるので注意しましょう。

組み立て系の家具類は何があっても分解を実施しないといけませんか?


大型の家具の場合は分解が必要な場合もあります。見積りの折に引っ越し業者に確認しておきましょう。その時に、分解を自分で行うか、引っ越し店舗に行ってもらうのかも話を詰めておきましょう。
また家具の中には、一回組み立てると分解が無理になる引っ越し専門店舗に確認を成しましょう。見積りの時に確認を行う事を良いと思います。頼むのかも相談して決めておきましょう。

パソコン類は運んでもらえるのでしょうか?


できれば、自ら運搬を実施した方が良いと思います。引越し専門会社の中にはパソコン達の運搬に対応を実践してくれる企業も存在しますので、契約を行う折に確認を成しましょう。
また、貴重なデータが消滅しても外部に故障が起きたとは見られず内部の故障になるので保険金が下りないケースもあるので引越しを成す前にしっかりとバックアップを実行しておきましょう。



タンスの中に関してはそのままで許容されますか?


タンスに入っているものは、家財道具の系統、中身の量、移動距離、作業形式などにより、そのままで許容される場合も空にする事が要求されるケースもあるので認知しておきましょう。
また、そのまま運んだ場合には家具に関して歪みが出来る事態になるケースもありますので、作業の詳しい事については引っ越し業者と相談を実施しておくと推奨します。

日程や曜日に左右されて料金に差が生じますか?


また、そのまま運搬した時には家財道具に関して歪みが発生する事態に陥る場合も多々あるので、詳しい内容に関しては引っ越し専門店舗と打ち合わせておかないと駄目です。
引越し代金は、引越しの日取り・引越しの時間帯・引越しの曜日などによって差が生じる場合もあるので忘れないようにしましょう。
引越し会社によって値引き具合いや割引具合いには引っ越し作業が実行される曜日などによって何社かの引っ越し専門店舗に価格の値積りを実施してもらい、比較検討を実行するのが良いでしょう。
また、作業員が少なくなるように荷物の分量を減らしたり、引越しの日にちを引越し企業に言う通りにするなどすれば引越し料金を節約できる事もあるので理解しておきましょう。

契約の折に手付金を納める必要はありますか?


契約を行う時に手付金や前受金(予約金・仮契約金・内金など)を求める行為は、「標準引越運送約款」という約款によって禁じられているので、納めなくて良いので理解しておきましょう。

引越し作業の取り消しを行いたいのですが、取り消し代金は求められますか?


キャンセル代は「標準引越運送約款」という約款によって明言が成されています。「引越しを実践する2日より前に実践された取り消し処理」には大抵はキャンセル代を不必要です。
他方「前日のキャンセル処理」では引越し費用の10分の1、「引越し作業を実行する当日のキャンセル行為」では価格の20パーセントが取り消し料として納める事になります。
また、引越しを成す日を先延ばしにする行為もキャンセル手続き扱いになるので、日程や内容に変わる折は早急に引っ越し専門店に連絡を実施する事を良いでしょう。

引越しを実践する当日が台風が来た場合、延期を成すとキャンセル金は請求されますか?


「標準引越運送約款」というルールの力によって、暴風雨の折は引越しを成す当日に延期を成してもキャンセル手数料はかからない事になっています。
因みに、オリジナルの特別な制限をもとに判別している引越し専門会社もあるので、どこから暴風雨扱いにするかなど、詳細内容に関しては事前に問うておくと最適です。

引越し作業料はいつ頃納めれば良いのか不安です。


引っ越し作業終了後に支払いを実行する(後払い)のが多いと思います。引っ越し業者によっては決済方式(現金払い・クレジットカードなど)や引越しを実施する当日の積地(荷物を積む場所・現地)での決済なのか
降地(新居)で支払いを実行するのか前もって確認を成せる業者もありますので、値積りの時に確認を入れておく事を奨励します。

引越し作業代金はクレジットカードを有していれば決済が行えますか?


大手の引越し専門企業はクレジットカード支払いが可能な事が大半ですが、中小の引っ越し店舗では不可能なおかしくないので、値積りの際に聞いておくと推奨します。